2014年08月12日

軽い運動を行って美脚を目指しましょう!!

「仕事が忙しくて運動する暇なんてない!」

「会社でもエクササイズをしたい!」という人におススメの軽い運動がありますよ。

厚めの本を膝で挟みます。

はさむものは、落ちても大丈夫なものを選びましょう。

ストッキングやパンツを履いているとたまに挟んだ本が滑り落ちることがあります。

また膝だけに力を入れると負担になってしまいます。

そこで太もも全体で本を挟みましょう。

その時、背筋はまっすぐ伸ばします。

この背筋は重要ですヨ。

腰には力を入れず、楽に呼吸が出来る体勢を保ちます。

背中を反らして腰に力が入っていると、腰痛の原因になりますから注意しましょう。

慣れてくるとキープできる時間が長くなります。

無理をすると筋肉と股関節を痛めます。

ですので、つらくなってきたらストップして下さいネ。

この軽い運動を継続することで太股の筋肉が鍛えられ、余分な脂肪が落ちやすくなります。

落ちにくい部分の脂肪なので、常に意識して継続することが大切ですね。

ただし、くれぐれもやりすぎには注意して下さい。

また、上にも書きましたが正しい姿勢で行ってください。

慣れてくると力のいれ方がわかるので、股に挟まなくても軽く力を込めるだけでOKです。


軽い運動という意味で歩くことでも美脚にもつながります。

できれば歩く時に専用の靴を履くと効果も倍増します。

専用の靴を履いて歩くだけでダイエットが可能なんです。

また歩くことは筋肉を活性化するなどして新陳代謝をよくする効果もあるようです。

通勤・通学時にこの靴を履いて歩くだけで簡単にダイエットができるのです。

履くだけの簡単ダイエットですから、長く続けることができますよね。
posted by 脚やせエクササイズ at 19:39| Comment(0) | 脚やせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

ヨガと脚やせ

基本的に脚痩せにはダイエットと同様、運動量を増やすことや食事制限も重要です。

しかし、脚痩せに一番必要な要素は体質そのものを改善するということです。

そういう点で、ヨガは有効です。

ヨガ教室の宣伝でもたまに「ヨガで脚やせをしよう」という言葉を見受けることがありませんか?

実際ヨガは脚痩せにも効果的なんですヨ。

ヨガを行うことでストレッチなどと同じように血流やリンパの流れがよくなるからなんです。


誰かに強制されないと長続きしないという方こそ多少お金を払ってでもスクールに通うことをおすすめします。

人間お金を払っている以上無駄にはしたくないという気持ちが働くので、気が向かない時でも半ば強制的に行くことになります。

もちろん、お金を使わないで自宅でやろうと思えば、それも可能ですヨ。

ヨガをしていると自然に体がやわらかくなり、次第に気持ちよくなることがよくあります。

もともとヨガは瞑想法の一つとして宗教に取り入れられています。

なので、ヨガをやっている内に精神的に解放されてリラックス出来るという効果もあります。

そういう点で脚やせだけではなく、日常の喧騒から解放されるという精神的な意味も含めてメリットがありますよネ。

なので、脚痩せをしたい人はぜひヨガを取り入れてみて下さい。

上にも書いた様にスクールのお金や時間が厳しいという人でも自宅でできるので問題はありません。

リラックス効果と体を柔らかくする効果を感じると、長続きも出来ますよね。
posted by 脚やせエクササイズ at 00:45| Comment(0) | 脚やせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

太ももが痩せるエクササイズ

048.jpg

太ももを細くしたい場合は大腿四頭筋と大腿二頭筋のエクササイズを行うと良いようです。

今回は太ももが痩せるようにする筋肉の使い方について書いて見ます。

大腿四頭筋は、太ももの前側についている筋肉です。

なので、この筋肉を鍛える方法の一つとして、イスに座った姿勢で太ももに本をはさんで、本が動かないように足を前方に出します。

そうして脚を伸ばしたら10秒ほど静止します。

10秒経ったら、脚を下ろします。

これを交互に行うことで筋肉を鍛えることが出来て太ももが痩せる効果が生まれます。


次に太ももの後ろ側にある大腿二頭筋を鍛えて太ももが痩せる方法です。

直立して膝同士をつけ、かかとがお尻につくまで体をまげます。

最も大腿二頭筋に力が入っている状態で、体を動かさず10秒キープすることがポイントです。

このエクササイズのいいところは、バランス感覚や運動能力は問わない点です。

こういった、太ももの筋肉を鍛えるエクササイズを続けても一向に太ももが痩せないという場合もあります。

そういう場合は、セルライトが理由になっていることがあります。

セルライトは一度できると代謝による解消が難しいです。

と言うのは、脂肪に老廃物などがもつれて固まってしまっているからなんです。

一つには血行不良が原因として考えられます。

血行不良なら太ももを温めてマッサージをすることで改善できます。

太ももを痩せるようにするためには、エクササイズとマッサージのどちらも行うようにすると良いです。
posted by 脚やせエクササイズ at 18:54| Comment(0) | 脚やせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

下半身ダイエットのポイント

主に下半身のダイエットを成功させたいという人は少なくないようです。食事を中心にしたダイエット方法では、案外お尻やもものサイズは変わらないことが多いようです。色々なダイエットが世間では行われていますが、どんな人でも必ず効果が来たいできるというダイエットはありません。ダイエット方法を選ぶ時は、自分に最も効果が高いと思えるものにしたいものです。やせるために行うダイエットでは、体を動かすことと、カロリー摂取量の改善が大事です。特に下半身を中心にサイズダウンをしたい場合は、運動が重要なポイントとなります。ストレスが大きいダイエットは、長期的に取り組むことが難しくなってしまいます。ダイエット効果がゆるやかでも、長く続けやすそうな方法がいいでしょう。すぐに体重が減るようなダイエットは、リバウンドの温床になります。ウォーキングは、最近あまり運動をしていないという人でも取りかかれます。下半身太りが気になってきた人にはおすすめのダイエット方法です。運動に体が慣れてきたら、徐々に運動量を増やしていって下半身を動かすようにします。より長く、より早いウォーキングをしたり、ジョギングなどの運動負荷の大きいものに変えるなどします。下半身のダイエットは、運動によって足の筋肉を使い脂肪を燃やすことが大事です。
posted by 脚やせエクササイズ at 18:00| Comment(0) | 脚やせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下半身ダイエットを効果的に行う

どんな方法で、下半身ダイエットは達成できるでしょう。さまざまな目的でダイエットを行う人も多いのですが、中でも下半身が太めな人はお尻やももを中心にサイズダウンしたいと願っています。もともとダイエットとして体の一部分だけを細くすることはなかなか難しいものです。体脂肪率が高い人は、ダイエットで体重を減らしやすい反面、増加も簡単に起きます。脂肪の増加も減少も起きやすい部位に下半身があります。ダイエットでの結果も実感しやすいところです。下半身の引き締めは、ダイエットで手軽にでかることもあります。ダイエットで下半身を引き締めるには、脚の運動をメインにダイエットプランを立てましょう。ゆがみが気になる下半身を正しい状態に戻すために、良い姿勢を心がけながらウォーキングを行うようにしましょう。エクササイズをする時は足の筋肉をよく使うものを選ぶと、下半身の筋肉に影響が出ます。より効率的な下半身ダイエットを目指すのであれば、風呂から出た直後の体が温かいうちがいいでしょう。むくみによって足が実際以上に太く見えてしまっていることもあります。立った姿勢での作業時間が長い人は、リンパの流れが停滞していることがあります。むくみをなくすため、風呂から出たらマッサージをするという方法もあります。直接的な体重減少方法ではありませんが、むくみ取りは足が締まって見えます。
posted by 脚やせエクササイズ at 09:00| Comment(0) | 脚やせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。